GFF

GFF事務局お問い合わせ
トップ > FUKUOKAゲームインターンシップBLOG

FUKUOKAゲームインターンシップBLOG

世界、そして、未来を見据える人たちが、福岡にいます。

GFF加盟企業をはじめとする福岡のゲーム企業の現場に入ってその仕事を体験する、ゲームインターンシップ制度。
ゲーム制作の厳しさ、楽しさを学んで、ゲームクリエイターになるきっかけをつかむ体験をブログ形式で報告します。

サイバーコネクトツー: 2015年12月アーカイブ

■氏名:佐野智雄
■期間:8/7~8/13
■タイトル:-ゲームを作り始めて-


はじめまして!今回のブログを担当します、アーティスト志望の佐野智雄です。

佐野さん①.png
■はじめに
私は現在、キャラクター2DCGとUI(※)を勉強するため大阪のゲーム専門学校に通っています。
この学校ではゲーム制作がカリキュラムに組まれており、私は必然的に大小かかわらず多くのゲーム制作を体験してきました。そして今後もゲーム制作をしていくにあたって、更に上のクオリティを目指していきたいと考え企業のノウハウを学ぶため今回のインターンシップに参加するにいたりました。

今回はアーティストではありますが、チームリーダーと企画を担当し私が感じたことと、そして圧倒的なタスク量に震えるメンバーの愛と勇気とその他諸々の制作談をお伝えし、皆さんのインターンシップ参加への一押しに役立てればと思っております。
(※)ユーザーインターフェイスの略です。
ここではゲーム中のロゴや項目といったプレイする人がより分かりやすいようデザインされたものです。


■「フェリス」
前回のブログで説明を任せられたので、今回私たちが作っていくゲーム「フェリス」の紹介をしておきたいと思います。おもちゃの世界で幸せに暮らしていたフェリスとジョーダン、しかし嫉妬した悪い魔女により二人はおもちゃにされ、ジョーダンはさらわれてしまいます。魔法のせいで髪がゴムに変えられてしまったフェリスの、ジョーダンを取り戻す旅がはじまるというストーリーです。
このタイトルにも使われている主人公フェリスは伸びる髪を地面に固定させ、ゴム独自の性質である伸縮を利用し敵をなぎ倒していく爽快感のあるゲームです。


■リーダとしての立場の重要さ
今回のメンバーには私よりも年上で尚且つリーダー経験の豊富な方が二人いたのですが、今後制作を行う上で、どうしてもリーダーの経験を磨き上げたいと思い立候補し、担当になりました。
制作が開始して残りの日数の半分も経っていませんが、仕様書やタスク表の作成、発表の形式、会議の進行などで、すでに何度かメンバーに迷惑をかけてしまっており、ただただ頭が下がる一方です。
しかし指導担当者のたくさんのアドバイスで、着実にリーダーとして成長できている実感もあります。


■恐怖!タスク軍団!!
ゲームの企画も決まり、よし制作開始だ!といきまいていたのですが、タスクを明確に洗い出したとき、気付いたんです

タスクの量に・・・
佐野さん②.png
もともと前回のインターン生の人数が6名であるのに対して、今回は2人少ない4人での制作、アクションゲームゆえの結果なのですが、面白さや,したいことを削ってまでタスクを削ろうとは思わなかったので私たちは自らを燃やす勢いで制作をしていこうと決心したのでした。


■目指せ超アニメ表現!
せっかくのCC2での制作なので、セルルック表現で作ることになりました。環境がUE4でトゥーン表現が向いていないエンジンだったのですがプログラマーの努力でここまで表現でき結構満足しています。
しかしCC2のアーティストの方にアドバイスをしていただいたときに「ありふれたアニメ表現の中でどれだけ独自性を出せるか」を課題としていただいたので、更にブラッシュUPできたらなと思っています。

佐野さん③.png ↑(左)このゲームの主人公のフェリスです。私がデザインをした2Dデザインを元に私と同じアーティスト志望の森田君がモデルでそっくりに再現してくれました。(右)敵のおもちゃの兵隊です。私がUIデザインの傍らで作ったもので、武器がハサミなので皆にもハサミ、ハサミって呼ばれてます。


■最後に
まだインターンシップ期間の半分も経ってはいないのですが、すでに多くのことを学びました。指導担当者にはリーダーとしてのことやタスク管理、UIデザインの何たるかを教えてもらい、また個人で休憩時間に聞けたことは学校では体験できない価値あるものになりました。これからも多くのことを学び学校に持ち帰れるように努力していきたいと思います。


ではでは次回は若き天才プログラマーこと藤巻光平くんが担当します。おたのしみに!

■株式会社 サイバーコネクトツー公式ホームページ
第19回FUKUOKAゲームインターンシップBLOG 目次
https://www.gff.jp/internship/

■氏名:坂田竜一
■期間:8/3~8/6
■タイトル:インターンシップ開始!


■メンバー紹介 坂田竜一.jpg                             プログラマー 坂田竜一

今回のブログを担当します、プログラマー志望の坂田竜一です。
私は、学校でプログラムの勉強をしていて、C#やC++のプログラムや、UnityやUnreal Engine 4(以下UE4★)(※)などのゲームエンジンの勉強もしてきました。
私自身、だいぶゲーム開発の技術も身についてきたため、現場での、チームによるゲーム開発を体験して、その経験を今後のチーム開発や就職後の現場で活かしていきたいと思い、今回のインターンシップに参加しました。
(※)ゲームエンジンとはゲーム開発を効率的に行うためのソフトで、最近ではUnityやU最新のE4などの無料で使えるゲームエンジンの登場により個人でのゲーム開発に使われることも増えてきた。


藤巻光平.jpg                              プログラマー志望 藤巻光平


佐野智雄.jpg                              アーティスト志望 佐野智雄


森田鉄平.jpg                              アーティスト志望 森田鉄平

■プランナー不在!
今回のインターンシップでは、プログラマー2人とアーティスト2人の合計4人での開発です。 過去のインターンシップの人数と比べると圧倒的に少なく、また、プランナーが不在のため、この4人のうちの誰かが自分の作業と平行してスケジュール管理等をしていくことになります。
この問題は、アーティストの佐野さんが引き受けてくれました。とても意見をまとめることがうまく安心です。

■企画
今回のインターンシップで開発するゲームのテーマは「慣性」「バウンド」「伸縮」の3つのうちいずれかでした。
インターンシップ初日、まず各自が持ち寄った企画を見せ合いました。圧倒的に「伸縮」「バウンド」をテーマにした企画が多かったため、みんなで相談した結果、いくつかの企画を統合して、ゴムを使った「伸縮」をコンセプトにしたゲームを作ることにしました。

■「フェリス」
私たちが作るゲームは、フェリスというお姫様が、とらわれの王子様を助けに行くというストーリーのゲームです。
このゲームは、ゴムを引っ張って伸縮する力で敵をなぎ倒していくという、爽快感を重視したゲームになりました。

坂田①.jpg                 ↑上の写真は今回開発するゲームの概要を決めているところです。
                 ゲームの詳しい内容は後のブログ担当が紹介してくれますので、お楽しみに!

■ゲーム開発開始!
インターンシップが開始してから現在までの4日間、毎日プロの方々に企画の進行を見ていただいています。気になったところや調整(※)を検討したほうがいいところなどをご指摘いただき、その都度調整を行いました。
そして8/6、開発環境も整い本格的にゲーム開発が始まりました。もう一人のプログラマーの藤巻君はまだUE4での開発経験がないため、私がプログラムの重要部分を担当し、彼はUE4の勉強をしながら敵キャラクターなどを担当してもらうことになりました。
(※)プレイヤーにストレスを与える要因となりそうな箇所の修正

■UE4
開発人数の少なさとアーティスト側の要望により今回のインターン作品はUE4での開発という流れになりました。
もちろんC++主体で書いていくつもりですが、ゲームエンジンを使用する以上、求められるゲームのクオリティは跳ね上がりますので、たとえ人数がこれまでより不足していたとしても、過去のインターン作品を超えるクオリティのゲームを作りたいと思っています。
また、UE4はグラフィック面において非常に優秀なゲームエンジンですので、アーティストの実力を最大限に引き出せるのではないかと思います。

■超アニメ表現!?
せっかくCC2のインターンシップで開発環境もUE4を使用するため、時間があればセルルック(アニメっぽい表現)にも挑戦しようと思います。

■最後に
私は、今回CC2のインターンシップに参加してみて、プロの方々が直接指導をしてくださり、現場のやり方やノウハウを直接学ぶことができ、とても勉強になっています。
また、相手に意思を伝える能力もこのインターンシップを通して補っていきたいです。

■株式会社 サイバーコネクトツー公式ホームページ


第19回FUKUOKAゲームインターンシップBLOG 目次
https://www.gff.jp/internship/

ポスター
第26回応募要項

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

サイバーコネクトツー: 2020年1月: 月別アーカイブ