GFF

GFF事務局お問い合わせ
トップ > ゲームのお仕事ウォッチ

物理プログラムのお仕事:堀江 祐助さん(システムソフト・アルファー株式会社)

|

SSロゴ-モノクロblog.jpg
お名前:堀江 祐助
会社名:システムソフト・アルファー株式会社
職種:プログラマー
過去携わったタイトル:
極姫シリーズ



■ あなたのお仕事内容について教えてください。

設計からテストまで、プログラミング全般を行っています。
また、プログラム全般のタスク管理も行っています。



■物理プログラムとはどういったお仕事ですか?

仕様書に沿って、ゲームをプログラミングする仕事です。



■ このお仕事で気を付けていることはなんですか?

設計の共有とタスク管理に気を付けています。
設計などプログラミングする際の考えをチームで共有することにより、バグが発生しにくく、効率の良いプログラミングを行うことができます。処理の最適化やメモリの節約も行いやすくなり、作業効率も上がります。逆に設計の共有が疎かになると、最悪の場合、ゲーム完成自体が難しくなってしまう場合がありますので、最も気をつけている点です。
タスク管理について、プログラミングを行う際に、時間を贅沢に使用できることは稀です。時間があれば綺麗なプログラミングで安全に作成できますが、時間が無いからといって、適当なプログラミングはできません。
その為、仕様書の理解を深め、どの箇所にどれぐらいの時間をかけ、どのように組んで行くかの設計がとても大事です。ここが疎かになると、ゲームのクオリティがシーンによって片寄ったり、期限間際になるとプログラミングが荒くなってしまいます。必ず管理を行い、完成までの道筋が見えている状態でプログラミングをする事が大事です。



■ この仕事のおもしろさや魅力を教えて下さい。

やはりプログラミングによる構築がとても楽しいです。
プログラムを設計し、それを形にする為に組み立てて行き、ゲーム画面に組み立てた結果が現れる瞬間がとても良いです。設計から組み立てまでは、パズルゲームや工作に近い楽しさがありますし、ゲーム開発においては進歩の上限がないので、常に自身の成長が実感でき、やりたい事、やれる事が増えて行き、作成手順の選択肢や作成クオリティを増やしていける実感が良いです。
そしてその結果がゲーム画面に現れると、ゲームを作成している実感と結果がすぐに得られるようになるので、テンションが上がります。



■ どういう方がこの職種に向いていると思いますか?
またどういった方に目指してほしいですか?

工作など組み立てることが好きな方や考えてたり、解決することが好きな方、効率を求めて行く方は向いていると思います。
しかし、ゲームを開発するときはほぼチーム開発になりますので、コミュニケーションを積極的にとれるほうが望ましいです。プログラマーは内向的な方が多いですので、アグレッシブなプログラマーを目指してほしいです。


【お仕事ウォッチ】堀江さん写真blog.jpeg
▲ お仕事中の堀江さん



■ ゲーム業界を目指したきっかけを教えてください!
また、いつごろからゲーム業界に興味を持ちましたか?

高校在学中に、様々な分野を見たり行ったりしているときに、プログラムの勉強を行って、楽しいと感じたことがきっかけです。
ゲームに関しては、物心ついた時から好きで、とにかくゲームが好きでした。その状態でプログラムを触り、面白かったことから、ゲームプログラマーを目指したいと思うようになりました。実際に遊んでいるゲームを自身の手で作りたいと思いました。



■ 学生の時にやっていて良かったことはありますか?

チーム製作と大会です。
学生のころにロボットなどの製作をチームで行っていたのですが、その経験がとても大きいです。チーム製作ならではのトラブルなどを経験した事は、とても役に立っていると思います。
また、作成したロボットで大会に出場したことも、とても良かったです。舞台度胸を鍛えることができ、チームの皆とのコミュニケーションも深まり、なによりチームで作成した物で競った経験はとても良かったです。一見、ゲーム開発にかかわりが無いように見えますが、大会に出ることによって、チーム製作におけるコミュニケーシヨン能力は確実に身につけられたと思います。



■ 学生時代にやっておけばよかったことはありますか?

ゲームプログラミングの勉強をもっと早い段階からやっておきたかったと思います。
いざゲームプログラムの勉強を行うと、勉強の上限がないので、時間が圧倒的に足りないです。ゲームプログラム自体の勉強は社会人になってからの期間を除くと2年ぐらいになるのですが、時間が足りませんでした。もっともっと勉強してクオリティの高いゲームを学生のころに作りたかったです。



■ 日常生活で仕事のために気をつけていることはありますか?

公私の切り替えをきっちり行うことです。
プログラマーに限った話ではないですが、公私の切り替えができないと、ゲームで遊ぶ際に仕事のことを常に考えてしまい、ゲームが好きではなくなってしまう話をよく聞きます。仕事の立場から見るとゲームで遊ぶ際に仕事の事とリンクさせると、仕事の役に立てれると思いますが、それでゲームを純粋に楽しめなくなっては意味がありません。
その為、何事も公私の切り替えをきっちり行い、ゲームを純粋に楽しんで、仕事は仕事でゲームを楽しむのが良いと私は思っています。実際にゲームを純粋に楽しんだ方が、自然とゲームの良いところなどが頭に入って覚えるので、仕事のときに容易に思い出せ、生かせると思います。



過去の記事はこちら↓
ゲームのお仕事ウォッチ ー もくじ ー


GFFメンバー詳細はこちら↓
メンバー

リクルート情報はこちら↓
リクルートニュース

サイトマップ | プライバシーポリシー | サイトポリシー | リンク集 | よくある質問 | お問い合わせ
Copyright ©2010 GFF GAME FACTORY'S FRIENDSHIP.