GFF

GFF事務局お問い合わせ
トップ > FUKUOKAゲームインターンシップBLOG

FUKUOKAゲームインターンシップBLOG

世界、そして、未来を見据える人たちが、福岡にいます。

GFF加盟企業をはじめとする福岡のゲーム企業の現場に入ってその仕事を体験する、ゲームインターンシップ制度。
ゲーム制作の厳しさ、楽しさを学んで、ゲームクリエイターになるきっかけをつかむ体験をブログ形式で報告します。

デジタルハーツ: 2011年5月アーカイブ

こんにちは。FUKUOKAゲームインターンシップにデバッグプレイヤーコースで参加させて頂いている松永です。

デジタルハーツ福岡Lab.様にお世話になってもう1か月が経ちました。
この1ヶ月間で多くのことを経験し、学ぶことができました。

今回はデバッグという作業を通じて感じたことをお伝えしていきます。

まず、デバッグという作業でもやらなければならないことは山ほどあります。
そのなかで、バグを「発見」し、そのバグを「報告」し、修正されれば「確認」しなければなりません。
デジタルハーツ様ではその流れをきちんと、綿密に作っており、見逃しのないよう作業しております。
こういったプロの仕事を見て、体験して、とても勉強になりました。

確かに物を創造することはとても大変な作業ですが、
その造られた物をよりよくしていく作業もとても大変であり、重要なことです。

プログラマーでもプランナーでもデザイナーでも、デバッグという作業をする中で確実に得るものはあります。
学校等ではデバッグを専門的に勉強する機会はあまりないと思います。
ですので、是非経験してください。

正直言って経験してみないと分かりません。
少しでもゲーム業界等、物を創っていく業界に興味があるのでしたら、
早めにインターンシップに行き、経験することをお勧めします。
これからの勉学の中でも確実に役に立っていきます。

最後に、お忙しい中多くの事を教えてくださったデジタルハーツの皆様、
こういった機会を与えてくださった福岡ゲーム産業振興機構の皆様にお礼申し上げます。

IB_dh_matsunaga2.jpg

========================================
・デジタルハーツ/デバッグプレイヤーコース 松永晋氏(1)
========================================

◆デジタルハーツ企業HP
ポスター
第26回応募要項

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31