GFF

GFF事務局お問い合わせ
トップ > FUKUOKAゲームインターンシップBLOG

FUKUOKAゲームインターンシップBLOG

世界、そして、未来を見据える人たちが、福岡にいます。

GFF加盟企業をはじめとする福岡のゲーム企業の現場に入ってその仕事を体験する、ゲームインターンシップ制度。
ゲーム制作の厳しさ、楽しさを学んで、ゲームクリエイターになるきっかけをつかむ体験をブログ形式で報告します。

サイバーコネクトツー/プランナーコース 田口純子(3/24のレポート)

|
 こんにちは。プランナー志望の田口です!
 今日は昨日に引き続き、FUKUOKAゲームインターンシップ生6人でつくっている、ゲーム『ブッサシ』の制作についてお話しようと思います。

 3月24日の今日は制作2日目です。今日も各職種に分けて説明したいと思います。

 まず、プランナーについてお話します。
 プランナーは今日も仕様書を作成するために、昨日話した内容をより深めていきました。アイテムの設定やステージの切り替わり方、スコアの詳細など、まだまだ話し合うことはいっぱいありそうです。
 今日一番話し合ったのは、槍にブッ刺さった敵のまとめ方です。槍には敵とお邪魔ブロックを刺せる仕様になるのですが、槍の長さは一定以上伸びないので、ブッ刺した敵をまとめる必要があります。そこをどうしようか・・・様々な案が飛び交いますが、刺し方の順序だったり、敵が数種類存在することによる新たな問題が生まれてしまいました。もう少し案を練る必要がありそうです。
 決まった内容を仕様書にまとめたり、イメージを伝えるための流れ図を作成したり、プランナーの作成する書類はまだまだありそうです。

IB_サイバーコネクトツー田口氏2[3].jpg
IB_サイバーコネクトツー田口氏2.jpg
 次に、プログラマーです。
 プログラマーは昨日に引き続き、ステージエディタをつくっています。ステージエディタ、なかなか作るのが大変そうです。明日には仕上がっているようなので、私たちプランナーでステージの配置をしていこうと思います。
 ステージエディタと平行して、もう1人のプログラマーがつくっていたのが、敵を刺す判定です。判定が少しおかしかったようですが、私がブログのテキストを書いている間に調整が終わったみたいです。さすがプログラマー!仕事が速いですね。
 プログラマーのパソコンを覗き見すると、どんどんゲームが出来上がっていくのが形として見えて、とても楽しいです。一番仕事が大変だと思われるプログラマー、明日も引き続き頑張ってほしいです。

IB_サイバーコネクトツー田口氏2[1].jpg
IB_サイバーコネクトツー田口氏2[2].jpg
 最後にデザイナーです。デザイナーはキャラクター制作と、背景の制作を2人で分担して作業をしています。キャラクター制作は、昨日出来上がったプレイヤーキャラに続き、今日は敵キャラその1とボスのモデリングが完成したようです。敵その1、ボス共に、ものすごくかわいいんです!動く姿が今からとても楽しみです。敵キャラはあと数体ほど登場します。どんなキャラが完成するのか楽しみですね。

IB_サイバーコネクトツー田口氏2[4].jpg
 背景担当のデザイナーは、昨日の洞窟を完成し、今はボスステージに登場するお城内部の制作をしているようです。背景、ものすごくセンスがあります。私は背景担当の方の色使いが大好きなので、背景が出来上がるのがいつも楽しみです。
 ゲームの顔とも言えるデザイン部分、最後にはどんな形になるでしょうか。

IB_サイバーコネクトツー田口氏2[5].jpg 今日で制作期間1週間の内、2日が過ぎてしまいました。今現在で約30%出来上がっている計算ですね。
 今日見た限りでは、進んでいる部分と進みが遅い部分の両方があるので、明日には全部の作業の進みが良い方向に進むよう、みんなで頑張っていこうと思います!



ポスター
第26回応募要項

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31