GFF

GFF事務局お問い合わせ
トップ > FUKUOKAゲームインターンシップBLOG

FUKUOKAゲームインターンシップBLOG

世界、そして、未来を見据える人たちが、福岡にいます。

GFF加盟企業をはじめとする福岡のゲーム企業の現場に入ってその仕事を体験する、ゲームインターンシップ制度。
ゲーム制作の厳しさ、楽しさを学んで、ゲームクリエイターになるきっかけをつかむ体験をブログ形式で報告します。

第9回FUKUOKAゲームインターンシップ概要

|

第9回FUKUOKAゲームインターンシップ.jpg

※第9回FUKUOKAゲームインターンシップの募集は終了しております。


1. 実施目的
ゲームクリエイターを目指す方に福岡の優れたゲーム企業のことについて知ってもらい、実際の仕事を学んで今後の進路選択に役立てていただきます。

2. 実施内容
GFF(※1)加盟企業をはじめとするゲーム企業の現場に入ってその仕事を体験していただきます。ゲーム制作の厳しさ、楽しさを学んで、ゲームクリエイターになるきっかけをつかみましょう。

(※1)GFFとは・・・九州をゲーム産業集積の地とし、ゲーム及びデジタルコンテンツ産業の世界的開発拠点を創出することを目指している九州のゲーム企業の団体

3. 実施コース・応募条件
以下の4コースで実施いたします。参加希望コースおよび希望企業に応じて、自主制作された作品を提出してください。(詳細は応募要項でご確認ください)
・プログラマーコース
・デザイナーコース
・プランナーコース
・デバッグプレイヤーコース

4. 選考方法
応募いただいたみなさんの希望をふまえながらマッチングを行います。書類選考後、各受入予定企業にて面接等を実施して決定いたします。

5. 実施時期及び期間
平成22年7月下旬~8月下旬の間で1ヶ月程度を予定。
具体的な日程等は事務局で個々の参加者と調整の上、決定します。また、企業によっては上記の期間が延長・短縮される場合があります(応相談)。

6. 応募対象
18歳以上の大学生、専門学校生、一般アマチュア等でゲームクリエイターを真剣に目指している方。
*遠方からの参加者について
・宿泊費の半額(1ヵ月上限5万円)を助成いたします。
・ウィークリーマンション等の宿泊事業者を紹介いたしますが、各自で手続をお願いいたします。
*応募者が20歳未満の場合は、保護者の方の承認が必要です。応募用紙への署名・捺印をお願いします。
*過去にインターンシップに参加し、宿泊費助成を受けている方は、過去助成分を含めて助成額を算定します。

7. 申込方法
申し込み用紙に記入の上、作品を同封して郵送でお申し込み下さい。平成22年6月17日(木)必着です。
提出いただいた作品は返却いたしません。


※注意事項
・インターンシップはアルバイトではありませんので賃金は支給されません。
また交通費等の経費は自己負担となります。
・企業での研修中の万一の事故等に備えて、傷害保険に加入していただきます。(保険料事務局負担)
・保険契約の手続きは福岡ゲーム産業振興機構で行います。


前回参加者の声 (参加者へのアンケートから)
●今後ゲーム業界に関わっていくに当たり、どのような知識を要するのか、またどのような人材が求められているのかを学ぶことが出来た。(プランナーコース)

●企業の方の協力もあって、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。一回のインターンシップで学べる量は正直十分ではないので、今後もこの制度を利用できればと思っています。(プログラマーコース)

●グラフィック部門で参加させてもらったが、グラフィックといってもゲーム画面上のグラフィックを作成するだけではなく、サイトの素材作成や外注先の資料作成など作業は多岐に渡っており、様々な技術が必要となることを学んだ。(デザイナーコース)

●普段感じることの出来ないゲームの制作現場の空気を感じさせて頂いたことが一番勉強になった。(デバッグプレイヤーコース)

●相手を説得するための企画書を作る大切さを学んだ。(プランナーコース)

●1ヶ月という限られた期間の中でできる最大のことを考えて課題を出してもらい、予想以上のものを吸収、経験させていただきました。社員の方も好きでこの仕事をしているのだなと感じ、この会社で一緒にゲームを作りたいという気持ちになりました。(デザイナーコース)

●デザイナー志望として参加させて頂きましたが、日頃からの不勉強もあり、自分に何が足りないのか、これから何が必要なのか実感できる充実した毎日を過ごさせて頂きました。終了した後も、自分なりの目標を見つけて、夢に向けて努力することが出来ています。今回参加して本当に良かったと思います。(デザイナーコース)

●宿泊費の一部助成制度があったため、県外の私も参加することができ、大変ありがたいと思っています。ゲーム業界を目指す学生のためにも是非今後も続けて欲しいです。本当にありがとうございました。(デザイナーコース)

●今まではプログラマーしか考えていませんでしたが、今回のインターンシップで、視野を広げることが出来ました。(デバッグプレイヤーコース)

ポスター
第26回応募要項

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31