GFF

GFF事務局お問い合わせ
トップ > FUKUOKAゲームインターンシップBLOG

FUKUOKAゲームインターンシップBLOG

世界、そして、未来を見据える人たちが、福岡にいます。

GFF加盟企業をはじめとする福岡のゲーム企業の現場に入ってその仕事を体験する、ゲームインターンシップ制度。
ゲーム制作の厳しさ、楽しさを学んで、ゲームクリエイターになるきっかけをつかむ体験をブログ形式で報告します。

【2014夏】ガンバリオンでインターンシップ!(1)

|
FUKUOKA ゲームインターンシップ(F.G.I)ブログ、
ガンバリオン編の第1回はインターン生の自己紹介をお届けします。

ということでインターン生の春木さん、早川さんにインタビューしました。

---では、それぞれ自己紹介をお願いします。

春木:大阪から来ました春木です。ゲーム系の専門学校に所属しており、ゲーム会社への就職を目指しています。

早川:和歌山大学工学部の早川です。福岡出身です。プランナー志望ですが、大学ではゲームを作るサークルに所属しており、プログラマーとプランナーを兼務しています。

17thガンバリオン01_001.jpg
(左:早川さん)(右:春木さん)

---今回、福岡ゲームインターンシップに応募したきっかけや動機を聞かせてください。

春木:学校の先輩が去年参加して勉強になったと聞いたのがきっかけです。学校では、自分の実力の基準が学校の先生なので、現場で通用するか試してみたいという気持ちがありました。
また、「プランナー」という仕事はどういうものなのかも知りたかったです。

早川:自分は福岡出身なのでインターンの存在はもともと知っていました。
ゲーム制作に関しては独学なので、ゲームを企画するというのはどういうことか、実際の仕事を通じて知りたいと思って参加しました。ガンバリオンさんを希望したのは 「パンドラの塔 君のもとへ帰るまで」という作品が好きだったからです。

17thガンバリオン01_002.png
「パンドラの塔 君のもとへ帰るまで」
発売:任天堂株式会社
開発:任天堂株式会社・株式会社ガンバリオン
©2011 Nintendo/GANBARION

---二人とも実際の「プランナー像」がぼんやりしていたのですね。

早川:はい。プランナーを目指していますが、プランナーって一体何をするのだろうと思っていました(笑)

春木:インターンを通じて、シビアな仕事だなと感じました(笑)

---どうシビアだったのかそのあたりは、次回以降のブログでお話してもらうとして...
福岡の印象や実際の開発現場の雰囲気で何か印象に残ったことはありますか?

春木:もつ鍋がおいしい!!もう2回行きました。
ガンバリオンの方に教えてもらったもつ鍋のお店が本当においしかったです。

早川:あのお店はもう一回行きたいよね。

春木:あと、ゲーム開発の現場の人たちはもっと変わった人が多いのかというか(笑)、気難しい人が多いイメージでしたが、皆さん落ち着いた雰囲気で、黙々と作業されていたのに驚きました。
話してみると優しくて、面白い人が多かったです。

17thガンバリオン01_003.jpg
早川:ゲーム会社はもっと慌ただしいイメージでしたが、社内が静かで集中して作業ができました。自分が締め切り前に、ばたばたしてしまうので、プロはスケジュール管理がきちんとしているんでしょうね。
締め切り前とかは、社内は慌ただしかったりするんですか?

--- そうですね...。静かに見えて水面下では慌ただしくしていますよ(笑)

--- さて、今回2週間というインターンシップ期間でお二人には「小学生が休み時間に遊べるカードゲームの企画」という課題が与えられましたが、課題の詳細と課題に対する最初の印象を聞かせてください。

早川:小学生が休み時間に遊ぶカードゲームなので、難しすぎず、1~5分程度で終わるゲームを考えないといけませんでした。自分はボードゲームなどが苦手で、スマートフォンでもカードゲームはあまりやらないので、難しそうだな...と感じましたが、アナログのカードゲームの企画なので、パソコン上ではなく実際に遊びながら検証できるのはとても新鮮でした。

春木:課題を聞いたとき「そうきたか!」と思いました(笑)二人でそれぞれカードゲームを企画して、遊びながらより面白くなるようにお互い意見を出し合って、最後に企画書を作って発表するという流れです。私もこれまでカードゲームと向き合ったことが全くなく、苦手なジャンルだったのですが、最初カードゲームについて調べるのがとても楽しかったです。奥が深いなぁと感じました。


--- それで、春木さんは「かるた」を、早川くんは「将棋」を元にしたカードゲーム企画を進めて行ったわけですが、次回以降のブログではゲームの完成に至るまでの紆余曲折をそれぞれレポートしてもらいます。ありがとうございました。

次回は春木さんの「かるた」を元にした企画についてレポートをお届けします。お楽しみに!


ガンバリオン公式ホームページ


【関連ブログ】
【2014夏】ガンバリオンでインターンシップ!(2)
【2014春】ガンバリオンでインターンシップ!(3)
【2014春】ガンバリオンでインターンシップ!(最終)


第18回FUKUOKAゲームインターンシップ、只今募集中! 詳細はこちらから。
( 申込み締切:2015年1月16日(金)必着 )

ポスター
第26回応募要項

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31