GFF

GFF事務局お問い合わせ
トップ > FUKUOKAゲームインターンシップBLOG

FUKUOKAゲームインターンシップBLOG

世界、そして、未来を見据える人たちが、福岡にいます。

GFF加盟企業をはじめとする福岡のゲーム企業の現場に入ってその仕事を体験する、ゲームインターンシップ制度。
ゲーム制作の厳しさ、楽しさを学んで、ゲームクリエイターになるきっかけをつかむ体験をブログ形式で報告します。

【2016夏】システムソフト・アルファーでインターンシップ!(3)

|
こんにちは!


岡山情報ビジネス学院 デジタルクリエイター学科の川本舞美(かわもと まいみ)です。
システムソフト・アルファーさんで5日間と短い間ですが、FUKUOKAゲームインターンシップに参加させていただきました。

今回私がこのインターンシップに応募したきっかけは、前回のFUKUOKAゲームインターンシップに参加したクラスメイトに話を聞いた時、「本気でゲーム会社を目指しているなら応募したらどう?」と勧められた事です。参加したクラスメイトはインターンシップから帰ってきて自信がついた様に感じ、私も成長したい!と思い、応募をしました。

普段から絵を描く事とゲームをする事が好きで、デザイナー志望として参加させていただきました。

業務の内容は、photoshopを使ってSDキャラクターの着色をしました。原画を見ながら同じようにSDラクターにも色を塗っていく作業を行いました。塗り終わったら確認をしてもらい、OKがもらえたらまた次のキャラクターを塗っていくという流れでした。そこで確認をしてもらったときに修正が必要な所がいくつかあり、何故ここの修正がいるのか丁寧に説明をしてもらえたことで、自分がどういったところに気をつければ良いのかが分かりました。

その中でも苦労した点は、影の塗り方や衣装の細かい装飾、模様をどのようにしてSDキャラクターに落とし込むか、原画キャラと同じように塗っていくのか、ここが一番大変でしたがなんとか完成させることができました。苦労することもありましたが作業事態はとても楽しく、初めてOKがもらえたときはとても嬉しかったです。

今回のインターンシップを通じて、実際に働いている人たちの姿、職場の雰囲気など学生生活だけでは体験できない事を体験することができました。

最初は岡山から福岡までの距離が遠いという事や自分に仕事が出来るのかという不安もあったのですが、インターンシップが終わった今では応募をして良かった、成長ができて自信もついたと思います。
このインターンはとても良い経験になり、本当に充実した5日間を送ることができました。

システムソフト・アルファーさん本当にありがとうございました!今後もこの経験を活かせる様に精進していきます。



第22回FUKUOKA ゲームインターンシップは1月16日まで募集受付中!
詳しくはコチラのページをご参照ください!

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30