GFF

GFF事務局お問い合わせ
トップ > FUKUOKAゲームインターンシップBLOG

FUKUOKAゲームインターンシップBLOG

世界、そして、未来を見据える人たちが、福岡にいます。

GFF加盟企業をはじめとする福岡のゲーム企業の現場に入ってその仕事を体験する、ゲームインターンシップ制度。
ゲーム制作の厳しさ、楽しさを学んで、ゲームクリエイターになるきっかけをつかむ体験をブログ形式で報告します。

【2018夏】サイバーコネクトツーでインターンシップ!

|

■氏名:塩路 健

■職種:ゲームデザイナー

■期間:8/6(月)~8/31(金)

こんにちは!

ゲームデザイナー志望の塩路健です!

今回で第25回を迎えた、FUKUOKAゲームインターンシップに行ってきました!

参加させて頂いた企業はサイバーコネクトツーさんで、8月6日から31日までの間、

インターン生でチームを組みゲーム制作を行います!

1.jpg


今回のインターンを通して体験したこと、学んだことを筆者の視点から振り返りながら

書いていきます。

今回集まったのはゲームデザイナー1人、プログラマー3人、アーティスト1人の

計5人です。(1人プログラマーの方がスケジュールの都合で途中参加でした。)

初日からインターン生の顔合わせのあと、社内の朝礼に参加!

自己紹介や意気込みを話しました。

2.jpg

▲今回のインターンシップのメンバーです!(右下が塩路です)



その後は早速作業開始!

各自、事前に準備した企画を発表して、話し合いも順調に進み、

複数の企画案から初日で1つのパズルアクション企画に絞ることが出来ました!

それから2日、ゲームの面白さや方向性についてチームで議論し、

企画の内容を固めました。

毎日16時になるとメンターの方々への報告会があり、アドバイスや指導を頂けます。

3回目の報告会で企画のOKも貰い、本格的な製作がいよいよ始まります。

チームメンバーも打ち解け始め、気持ちが高まってきました!

3.JPG

▲報告会の様子!


β版完成まで作業時間は約10日!ゲームデザイナーとして最初に取り掛かったのは

制作スケジュールと仕様書の作成です。

プレイヤーなど、優先度の高い仕様部分の書面化とタスクの洗い出しから作業に取り掛かりました。

仕様書の出来上がった部分を報告会の個別指導の時間に見ていただいたのですが、

「見辛い」「要点を得ない」との指摘が...

作業中は気付きませんでしたが、言われてみれば構成にメリハリが無く

重要な部分が分かり辛い...!

メンターの方からは綺麗に見せる方法、文字サイズや配置などのアドバイスを頂きました。

翌日、タスクの洗い出しも終わり、スケジュール表を作成したところで、

こちらのアドバイスも頂きました!

仕様書やスケジュール表について本格的に指導を受けたのは初めてなので

とても勉強になりました...!

4.JPG

▲個別指導の様子


β版作業の中盤まで仕様書と格闘していた私ですが、PGの方々の作業が進んだ所で

ステージ作成に入ります。

主にブロックやギミック装置、敵の配置などの作業ですが、いざステージが出来上がって

プレイしてみると様々な問題点が...!

想定していたものより、とにかくゲームの難易度が高い!!バグが多い!!

16時の報告会では主に操作性の悪さや新たなバグの指摘を受け、

その後チームで作戦会議!β版完成予定日も近くなってきたので

しっかりチームで話し合い、気合を入れ直しました!

5.JPG

▲ミーティング中


β版完成日3日を切りラストスパート!

アーティストの方がモデルやモーションを完成させてゆき、

ゲームにも華が出てきました!

そのころ私はステージのレベルデザインに苦戦していました...

問題点だった操作性も少しづつ改善されましたが、やはりゲーム全体が遊び辛い...

報告会では「プレイヤーへの親切さ」に関してのアドバイスを頂き、

UIやステージの仕様を見直しました。

プレイヤーが操作やプレイなど、パズル以外の部分で悩むことのない作りを心掛けました。

6.jpg

▲報告会でプレイの感想を頂きました!


β版完成予定日当日、私はステージの最終確認、画面遷移で表示するチュートリアルの

スライド作成を行いました。PGの方々もバグの修正やUIの実装などで大忙しです!

発表ギリギリまで作業を行いましたが、報告会でもバグが多くβ版完成には至りませんでした。ギリギリまで作業を優先していたせいでバグの確認と対応が出来ておらずこのような結果になり、私としても反省点があり悔しい結果になりました。

メンターの方からもアドバイスを頂き、チーム全体でデバッグをスケジュールに組み込み、定期的に行うことに!

7.JPG

▲ATの尾方さんが今日でインターン最終日!博多ラーメンを食べに行きました!


予定日から一日遅れですが完成目指しチームでデバッグを徹底し、バグを潰しました。

私もステージを1から作り直し、遊びやすさの改善に尽力しました。

何とか大きなバグも無く、ステージも改善され遊びやすくなり、

報告会でもメンターの方々にバグやゲームプレイのチェックをして頂き、

なんとかβ版の完成となりました。

β版完成から数日の間で、チームで作ったゲームを社内の方々に実際にプレイして頂き、

感想や改善点などのフィードバックを頂けます!

フィードバックを待っている間にも細かいバグの修正や、各自の課題に取り組みました。

インターン終了まで約一週間、社員の方々からのフィードバックも届きました!

ゲームの良かった点や改善点などたくさんのフィードバックを受けて、

チームでゲームをブラッシュアップしていく方向性について話し合いました。

アクションやゲームのルールが分かり辛いとの指摘が多かったので、

UIの改善や演出面の改善、チュートリアルステージの作成を中心に行うことにしました!

8.JPG

▲副社長の宮崎さん、取締役の西川さんとランチ!お話やアドバイスをたくさん聞けました!


ゲーム開発もラストスパート、チュートリアルステージの仕様も固まり、

これまでの反省を活かしながら制作に取り組みました。

バグの洗い出しも丁寧に行いインターン最終日になんとか完成!

一か月間全力で取り組んだゲーム開発!

失敗や成功を繰り返し一本のゲームを完成させたことに手応えを感じました!



<まとめ>

私は今回初めてこのようなインターンシップに参加させて頂きました!

大阪から参加した私は初めての一人暮らしでした。

初めての経験ばかりで忘れられない夏になりました!

一か月という長い期間でゲーム開発を行い、ゲーム開発のノウハウや個人への評価や

アドバイス、技術指導など、このインターンシップでしか得られない貴重な体験を

することが出来ました。

社員の方とのコミュニケーションの機会も多く様々なお話を聞くことが出来、

とても勉強になりました!

開発メンバーも和気藹々とし、とても楽しかったです!

今回の開発で自分に足りていない部分、必要なものや、自分の強みなどを知ることが出来、

これから何をすべきかがハッキリしたと思います!

学校では学べない事を学べ、実際の開発現場を肌で感じながらのゲーム開発が出来る!

ゲームクリエイターを目指す上で大切なことがしっかり勉強できます!

ゲーム業界を目指すあなた!サイバーコネクトツーさんのインターンシップへの参加を

お勧めします!



最後になります!

サイバーコネクトツーの皆様!開発チームの皆様!

最高の夏をありがとうございました!

9.jpg

ポスター
第26回応募要項

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31