GFF

GFF事務局お問い合わせ
トップ > FUKUOKAゲームインターンシップBLOG

FUKUOKAゲームインターンシップBLOG

世界、そして、未来を見据える人たちが、福岡にいます。

GFF加盟企業をはじめとする福岡のゲーム企業の現場に入ってその仕事を体験する、ゲームインターンシップ制度。
ゲーム制作の厳しさ、楽しさを学んで、ゲームクリエイターになるきっかけをつかむ体験をブログ形式で報告します。

【2011夏】サイバーコネクトツー/プログラマーコース 川端慧氏(最終)

|
こんにちは。プログラマー志望の川端です。

私の投稿はこれで3回目になります。
進展状況なのですが、やっとゲーム本体が出来上がってきて、これからが勝負っていう段階まで来ました。
ゲームの形らしい形が出来上がってきて、やっとギリギリ「動かせる」という所まで来たとも思います。

指導担当の方の「これでやっとスタートラインに立ったね」という言葉通り、やっとこれからゲーム性をどうこうしていく事が出来ます。
私はプログラムの経験が浅くて、本当に迷惑ばかりかけているのですが「ここまでこれた」という気持ちになれました。
最初は本当に完成するのかと思う事も多々ありましたが、とりあえずは良かったと思います。

タイトル画面です。まだ仮の状態なので、これから変わります。
コミカルなイメージなので敵を後ろで飛ばしたりクルクル回したりしたいと思います。
月の画像はアーティストの方にモデリングして頂いた3Dモデルを動かしています。
かなり気合を入れて作って頂いたので、こちらも気合をいれて動きを付けました。

fgi2011s_CC2川端氏3_1.jpg
タイトルは『COSMIC SHOOT』です。
なぜこのタイトルになったかと言いますと、プレイ中のフィールドは月という設定で、ゲームのコンセプトが「敵を吹き飛ばすのを楽しむ!」というものなのでSHOOTという単語を使いました。
また、COSMICには「宇宙の」という意味の他に「広大な」という意味もありましたので、「広大に敵を吹き飛ばす」という意味を込めてこのタイトルになりました。

ゲーム中の画像です。
中央の黒っぽいキャラクターが主人公です。
斬撃で敵を吹き飛ばします。

fgi2011s_CC2川端氏3_2.jpg
主人公の基本的な操作は左右の移動とジャンプ、攻撃です。
キーの配置はかなり重要で、操作感を悪くしないようにしないといけないので、かなりモメています。
社員の方にも触って頂いたりして、色々意見をお聞きしているのですが、なかなか決まらないです。

キー配置一つでも「これでいい」ではなく「これがいい」というのを目指して、議論が白熱しています。
全てに対してストイックに議論して、ベターではなくベストを目指さなければならなりません。
このゲームに対して愛着を持って、少しでも面白くなるように常に考えていくのがすごく楽しいです。

一応「主人公が移動・ジャンプして、敵を攻撃する」という一連の流れが出来ただけで、まだまだ完成ではありません。
ジャンプ一つ見ても、ジャンプにも滑らかさとか気持ち良さとか色々考えなければならない要素がたくさんあります。

完成までまだまだですが、少しでも面白くできるように全身全霊をかけて当たっていきたいです。

短い期間ですが、こちらのFGIではゲーム作りの難しさ、楽しさ、大変さ、全て経験出来たと思います。
このブログを見て、参加しようか迷っている方は絶対参加した方がいいです。
ゲームプログラマーになる上で、クリエーターなる上で、社会人になる上で、学ぶ事しかなかったです。
本当に成長できるインターンシップなので、是非参加してください。
体力的にはきついですが、「きつい」=「楽しい」にどんどんなっていきます。
私も今ではきついのが楽しい体になってしまっています。
学校の生活に戻っても、インターンで得た経験は絶対に忘れないでしょう。
ここで学んだ事を普段の生活でも生かして、今後の躍進に繋げます。

本当に成長出来たインターンシップでした。ありがとうございました!




>> 【2011夏】サイバーコネクトツー/プログラマーコース 川端慧氏(1)

>> 【2011夏】サイバーコネクトツー/プログラマーコース 川端慧氏(2)


ポスター
第26回応募要項

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31