GFF

GFF事務局お問い合わせ
トップ > FUKUOKAゲームインターンシップBLOG

FUKUOKAゲームインターンシップBLOG

世界、そして、未来を見据える人たちが、福岡にいます。

GFF加盟企業をはじめとする福岡のゲーム企業の現場に入ってその仕事を体験する、ゲームインターンシップ制度。
ゲーム制作の厳しさ、楽しさを学んで、ゲームクリエイターになるきっかけをつかむ体験をブログ形式で報告します。

【2013春】デジタルハーツ:デバッグプレイヤーコース 吉田誠慈さん(1)

|
本記事をご覧の皆様、初めまして。
GFFを通じ、株式会社デジタルハーツにて、デバッグプレイヤーとしてインターンシップに参加させていただいてる、
吉田誠慈と申します。

現在、大阪情報コンピュータ専門学校でプログラマー専攻学科に在籍しているのですが、
自分達がプログラミング、開発したゲームの最終過程で重大なバグが発生した事があり、
それ以来、デバッガーの道を考え出しました。

そして今、インターン生として実際に作業をしていますが、率直な感想としては、
楽しいです。

いえ、別に発売前のゲームが出来るから楽しいってワケじゃないです。全否定はしませんが。
例えば、プロのデバッガから見る「ゲームの進め方」であったり、
「不具合を確実に出す為の考え方」であったり、
今までの自分に無かった考え方、価値観がそこかしこにゴロゴロしてるんです。
毎日勉強です。

インターンが終われば、また学校でプログラマとしてゲームを作って行きますが、
このインターンで得た物を最大限生かして、より良いゲームを作るつもりでいます。

その為にまず、ちゃんとした報告書を書けるようにならなければ。

では、今回はこの辺で。
お読み頂き有難う御座いました。

2013spring_dh吉田氏1.jpg

>>デジタルハーツのウェブサイトはこちら

>>【2013春】デジタルハーツ:デバッグプレイヤーコース 吉田誠慈さん(最終)

ポスター
第26回応募要項

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31