GFF

GFF事務局お問い合わせ
トップ > FUKUOKAゲームインターンシップBLOG

FUKUOKAゲームインターンシップBLOG

世界、そして、未来を見据える人たちが、福岡にいます。

GFF加盟企業をはじめとする福岡のゲーム企業の現場に入ってその仕事を体験する、ゲームインターンシップ制度。
ゲーム制作の厳しさ、楽しさを学んで、ゲームクリエイターになるきっかけをつかむ体験をブログ形式で報告します。

【2011夏】エレメンツ/プランナーコース 今田智子氏(1)

|
はじめまして、FUKUOKAゲームインターンシップにプランナーコースで参加している、京都大学3年の今田です。
私の大学での専修は、ゲーム制作とほとんど関係ありません。しかし、ゲーム開発者になろうと考えています。理由としては、物を作るのが好きで、物を作って人を面白がらせたい、というのがひとつ。もうひとつは、幼稚園のころからゲームを遊んできて、こんなに人の心を動かす力があるものはほかにない、と信じているからです。
これまで私は、ゲーム制作に関する勉強を独学でしてきましたが、一人でできることに限界が見え始めていました。そこで、指導してくださる人のいる環境で集中的に企画の勉強をしたい、また、ゲーム業界を目指す同世代の人たちと知り合いたい、と思い、今回のインターンシップに応募しました。
これから約1ヶ月間、エレメンツ様でお世話になります。よろしくおねがいします。

1週目のテーマは、アイディアの発想法についてです。社長でありゲームデザイナーでもある、石川さんからご指導いただいています。1日の流れは、まずその日の課題にかかわる講義を受け、アドバイスをいただきながら課題をこなしていき、最終的にゲーム企画の概要にまとめる、といった形です。早く課題が終わった日は、現在開発中の製品のテストプレイをさせていただくこともあります。

実際にやった課題を、少しご紹介します。
・ゲームのジャンルを決めて、それにあう題材を100個考え、使えそうなものを選び出し企画化する。
・好きな映画の魅力を分析し、その魅力を損なわないようにゲーム企画化する。
・好きなゲーム5つのシステムを分析し、その中の2つの組み合わせで新しいゲームシステムを考える。

2011夏_エレメンツ今井氏1_1.jpg 途中途中で石川さんに確認していただいてアドバイスを受け、少しずつ纏め上げていきます。
どれも簡単ではなく、毎日必死で頭を絞っています。それでも段階を踏んでいくと、1日最低ひとつはゲーム企画の概要を作成できるので、今まで1人で悶々と考えていたときに比べてどんどん力がついているのがわかります。大変ですが、楽しんで勉強できています。
京都に戻ってからの勉強に見通しを持てるよう、なるだけたくさんのことを吸収していきたいです。1ヶ月がんばります!




エレメンツでは今回のインターンシップの内容を会社視点で取り上げたブログを公開中です。
「FUKUOKAゲームインターンシップBLOG」と合わせてお楽しみください。
> 「エレメンツスタッフ バックヤード・インターン編」



>> 【2011夏】エレメンツ/プランナーコース 今田智子氏(2)

>> 【2011夏】エレメンツ/プランナーコース 今田智子氏(3)

>> 【2011夏】エレメンツ/プランナーコース 今田智子氏(最終)


ポスター
第26回応募要項

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31