GFF

GFF事務局お問い合わせ
トップ > FUKUOKAゲームインターンシップBLOG

FUKUOKAゲームインターンシップBLOG

世界、そして、未来を見据える人たちが、福岡にいます。

GFF加盟企業をはじめとする福岡のゲーム企業の現場に入ってその仕事を体験する、ゲームインターンシップ制度。
ゲーム制作の厳しさ、楽しさを学んで、ゲームクリエイターになるきっかけをつかむ体験をブログ形式で報告します。

プランナーコース: 2018年6月アーカイブ

■氏名:上田凌
■期間:3/6(火)~3/8(木)
■タイトル:ゲーム制作始動!!!

こんにちは!!
第24回FUKUOKAゲームインターンシップで「ゲームデザイナー」として参加させていただいております、上田凌と申します。

今回は前回の小栗君に引き続きまして、ゲーム制作を本格的に製作し始めていくところからお伝えしていこうと思います。
よろしくお願いします!!

■3月6日(火)

この日は前日にメンターの方々から問題点として挙げられていた物量の部分と面白さの表現方法についての話し合い、タスクの洗い出しをしていきました。
上田さん1.jpg
▲私と小栗君の真剣なご様子

PGさん達には前日メンターの方々にSVNのラーニングをしていました。
上田さん2.jpg
▲PGさん達の真剣なご様子


ATさん達には、プレイヤーの仮モデルの作成を行ってもらいました。
上田さん3.jpg
▲ATさん達の真剣なご様子

そして、昼食をはさんで午後へ...!!

午後からは仕様書の作成を行い、小栗君はゲームフローの作成、私はプレイヤーやエネミーの仕様の詳細について作成していきました。

PGやATの方はプレイヤーやエネミーの調整や仮モデルの作成を行いました。

皆集中して作業をしていると、メンターの方々がやってきました。
全体での報告を行い、それぞれの担当に分かれてアドバイスをいただきました。

■3月7日(水)

この日は有吉 渉君が体調不良だったため6人で作業を行いました。

前日のメンターの方々のご指摘から朝礼を行ったほうがよいということになり、
全体での確認とそれぞれの担当が今日することの確認を行いました。

そして朝礼が終了し、各々が作業に取り掛かろうとした時に松山社長が...!!
あまりに突然のことだったため、皆驚きを隠せずにはいられませんでした。
上田さん4.jpg
▲松山社長との集合写真

その後、松山社長から激励のお言葉をいただきました!本当にありがとうございます!!

そして、私たちGDは前日にメンターの方にご指摘いただいたタスクの洗い出しを相方の小栗君と相談しながらもう一度行い、バトル中のエフェクトや、タイトルロゴやSEなど細かいタスクの洗い出しを行っていきました。

その間に、PGの方々にはATが作成したプレイヤーの仮モデルとスピード調整に必要な素材を合わせてもらいました。

ATの方々にはエネミーの仮モデルの作成を行ってもらいました。

そんなこんなで昼食時間がやってきました!!
この日の昼食から3日間かけて「ドットハック セカイの向こうに」を視聴することになりました。

皆ご飯食べることを忘れてしまうくらい集中して見ていました。

そして、午後からも各自GDから配布されたタスクに従って作業を進めていきました。
GDは午前中にPGの方々がスピード調節のために合わせてくれたものを使って、プレイヤーの速度調整及びステージの広さの確認を行い、その後ボス戦について話し合いました。

PGはプレイヤーやエネミーの調整、ATは引き続きエネミーの仮モデルの作成を行ってもらいました。

そんなことをしているとあっという間に16時に!!
メンターの方々に今日行ったことの報告と全体での質問を行い、各自アドバイスをいただく時間へ。
上田さん5.jpg上田さん6.jpg
▲GDの様子

上田さん7.jpg上田さん8.jpg
▲PGの様子

上田さん9.jpg上田さん10.jpg
▲ATの様子

メンターの方々から各々見えてこなかった問題点が多く出てきました。

GDに関しては、GDが全体の手綱をつかみ切れていないという問題点がありました。
その原因として、タスク管理・スケジュール管理の不十分、また各々の作業情報の共有の不十分などが挙げられました。

■3月8日(木)

この日は前日にメンターの方々からご指摘いただいた問題点をもとに作業を進めていきました。

GDは洗い出したタスクから工数の確認を行い、スケジュールの調整を行いました。

PGやATは前日から引き続き、プレイヤー・エネミーの調整、エネミーの仮モデルの作成を行っていきました。

そして昼食へ...!!

引き続き「ドットハック セカイの向こうへ」を視聴しました。

続きが気になってしょうがない!!
明日の昼食が楽しみで仕方がなくなりました!

午後からは、引き続き午前中の作業に取り組みました。
上田さん11.jpg 上田さん12.jpg 上田さん13.jpg
▲それぞれの成果です...

そして、いつものようにあっという間に16時に...
メンターの方々に全体での報告と質問を終え、それぞれの担当の方にそれぞれご指導をいただきました。

今日でタスクの洗い出し、スケジュール調整も終わり、ようやく本格的に忙しくなってきました!!
明日からは皆スケジュールに従ってガンガンα版を製作していこうと思います。



次回のライターはプログラマーの福永さんです。
よろしくお願いします!

第2回ライター、上田の記事は以上になります。
ありがとうございました!


【サイバーコネクトツーでのインターンシップ】
【2018春】サイバーコネクトツーでインターンシップ!(1)
【2018春】サイバーコネクトツーでインターンシップ!(3)
【2018春】サイバーコネクトツーでインターンシップ!(4)
【2018春】サイバーコネクトツーでインターンシップ!(5)
【2018春】サイバーコネクトツーでインターンシップ!(6)

【その他企業でのインターンシップ】
FUKUOKAゲームインターンシップBLOG もくじ




第25回FUKUOKA ゲームインターンシップは6月22日まで募集受付中!
詳しくはコチラのページをご参照ください!

■氏名:小栗旺雅
■期間:3/1~3/5
■タイトル:インターンシップ始動!

こんにちは!
ゲームデザイナー志望の小栗旺雅と申します!

第24回FUKUOKAゲームインターンシップが始まりました。
今回、サイバーコネクトツーさんにて3/1~3/30の間インターン生としてゲーム制作を
学ばせていただきます!
小栗さん1.png

今期はゲームデザイナー2名、ゲームプログラマー3名、アーティスト2名の計7名の
チームでゲームを制作していきます。
このブログではインターンシップの様子や制作内容をチームメンバーが交代しながら
皆さんにお届けするものとなります!

第一回のライターは私、小栗が3/1~3/5の中で土日を挟んだ3日間の様子をお伝えします。
小栗さん2.jpg
▲小栗旺雅です。

■3月1日(木)

一日目は顔合わせとインターンシップについてのオリエンテーションをし、各メンバーが考えてきた企画を発表し合い、今回制作するゲームの企画ついて話し合いました。

今回の企画テーマが、『時間、滑る、速さ』だったので、持ち寄った企画をテーマ別に分け、面白さの部分を話し合いました。
その後面白さの核となる部分が似通っているもの等を抽出しテーマごとに三つの企画に
まとめました!

ここまでスムーズに進み、お昼休みです!
近くに中華料理のお店があり、皆で食事をとりました!
小栗さん3.jpg
▲食事の様子です。

お昼の後は、さらに面白さについて検討しつつそれぞれさらに面白くしていきました。
だんだんと煮詰まってきたところで16:00になり、メンターの皆様と顔合わせの時間です!
小栗さん4.jpg
▲顔合わせの様子です!

ゲーム制作について指導していただくメンターの皆さまにご挨拶しました。
一ヶ月間お世話になります!

その後、三つの企画からさらに進めていき、三つから二つにまとめました。
小栗さん5.jpg小栗さん6.jpg
▲二つにしぼった企画です。

チームメンバーで話し合った結果、両方面白そうなので両方とも企画を進めていくことに。
ここで18時になり本日の作業は終了です!

■3月2日(金)

二日目になり、企画がほぼ固まってきました。
午前の時点で両方面白そうなら、両方動作を確認してみよう!ということになりました。
ということで、簡単なイメージ画面を作りつつ一日かけて企画をさらに練っていきます。

ワイワイと作業をしているといつの間にか16:00になり、プレゼンの時間に!
小栗さん7.jpg小栗さん8.jpg小栗さん9.jpg
▲プレゼンの様子と指導の様子

簡単なゲームの形式等、確認してもらいつつプレゼンしました!
アイディアとしては両方とも面白いと言っていただき、メンバー一同安心しました。
両方とも、主に物量の部分や、面白さの表現方法などについて指導していただき、詳しく決めていくことに

そして企画案も一つにしぼり次の段階へ・・・
ここで週をまたぎ、三日目に突入します!

■3月5日(月)

週が明け、月曜日は朝礼で各々自己紹介と意気込みを話しました!
小栗さん10.jpg
▲皆緊張した面持ちです

その後、一つの企画に決定し、ゲーム制作に取り掛かってしまおうということに。

まずはタスクの洗い出しを行い、優先すべきタスクから制作していきます!
ゲームデザイナーはさらに細かい仕様を、面白さを最低限表現するには何が必要か
しぼっていきました。

ゲームのひな型作りに集中しているといつの間にかまた16:00に!
先日指導された問題点である物量部分と面白さの表現方法について、タスクの洗い出しと細かい仕様を決める段階で自然と解決するべき点が浮かんでいました。

企画はOKをもらい、もう制作に入っているので現在行き詰っている点やこれからの進行についてプログラマー、アーティスト、ゲームデザイナー別にアドバイスをもらいました!
小栗さん11.jpg小栗さん12.jpg小栗さん13.jpg
▲それぞれメンターの方々から指導を受けています。

いよいよ明日からは本格的にゲーム制作が始まります。
ガンガン面白さについて追及していこうと思います!

次回のライターはゲームデザイナーの上田君です。
よろしくお願いします!
第一回ライター、小栗の記事は以上になります。 ありがとうございました!




【サイバーコネクトツーでのインターンシップ】
【2018春】サイバーコネクトツーでインターンシップ!(2)
【2018春】サイバーコネクトツーでインターンシップ!(3)
【2018春】サイバーコネクトツーでインターンシップ!(4)
【2018春】サイバーコネクトツーでインターンシップ!(5)
【2018春】サイバーコネクトツーでインターンシップ!(6)

【その他企業でのインターンシップ】
FUKUOKAゲームインターンシップBLOG もくじ



第25回FUKUOKA ゲームインターンシップは6月22日まで募集受付中!
詳しくはコチラのページをご参照ください!
ポスター
第26回応募要項

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31